• 06-6491-2110
  • info@saishoji.net

Category Archive行事・イベント

【行事案内】そろそろ、これからの「葬儀」についての話をしよう~「送る側(喪主・家族)」の立場から考える~

そろそろ、これからの「葬儀」についての話をしよう~「送る側(喪主・家族)」の立場から考える~

【概要】
 「葬儀」についてのあれこれを、エンディングコンシェルジュでもあり、数多くのお墓・葬儀の相談を聞き、対応してこられた 池邊文香さん(せいざん株式会社取締役)をお迎えしてお話を伺います。

今回は、主に「喪主・遺族」の立場、つまり送る側からの葬儀を話題にします。急にやってくるかもしれない「喪主」や「遺族」という立場から、葬儀の中で大切にすべきこと、なるべく後悔や心配の少ない葬儀とはなにか、葬儀にまつわるアレコレを伺います。
参加者のみなさんからの疑問・質問にお答えする時間も持たせていただきたいと思います。

【詳細】
 いま、日本は「多死社会」に入っているといわれます。人口の大きな割合を占めていた世代(いわゆる団塊の世代)が平均寿命を迎えられるようになり、急速に世代交代が進んでいます。それは同時に、それだけ身近な人を送る機会を経験するということでもあります。

しかし葬儀について、「初めてのことでわからないことだらけ」「大事にしたいけど、なにをしたらいいかわからない」という声をよく聞きます。あるいは、葬儀に参列することも「未経験」であるという大人も増えてきました。

葬儀はどうあるべきなのでしょうか?価値観や形式が変わり、「従来通りの形式を踏襲する」ことが大事だという考えもあれば、「今の時代に合うように変えていくべき」という考えもあります。しかし、なにを残し、何を変えていくべきか、ちゃんと考えられる時間と機会はそう多くありません。

近年は「終活」~自分の死後についての準備や整理~ということはよく聞きますが、主に「自分が故人として送られる葬儀」が問題になっています。けれども、「自分が喪主/遺族として送る葬儀」について、考える機会はそれほど多くありません。

  そこで、今回西正寺いろいろ研究会(いろいろと考えたリお話したりする機会を作っています)では、喪主・遺族の立場から葬儀を考える、お話する機会を設けたいと考えました。葬儀に関して数多くの知見をお持ちの池邊文香(いけべ あやか)さんをお迎えすることになりました。西正寺で僧侶といっしょに話しあい、考えてみたいと思います。

【日程】
 2022年9月13日(火) 19:00~20:50頃

【話し手】
池邊文香(いけべ・あやか)
せいざん株式会社取締役 日本弔い委任協会理事
葬儀・お墓・法要相談事業の相談員を経て責任者を務めた後、せいざん株式会社の取締役に就任。現在は寺院活動支援に従事。お寺から日本の弔いをよりよく。
寺院における終活相談や寺檀関係の改善の支援など。本山、各寺院、大学、新聞社などで公演多数。

【聞き手】
中平了悟(なかひら・りょうご)
 浄土真宗本願寺派西正寺住職。龍谷大学、相愛大学、中央仏教学院などで非常勤講師。浄土真宗本願寺布教使課程専任講師として、布教使養成にも関わる。
 自坊西正寺では、「テラからはじまるこれからのハナシ。」「カリー寺」「普通を語ろう(仮)」等、お寺を場にいろいろなチャレンジを展開中。

天崎仁紹(あまさき・じんしょう)
 西正寺スタッフ。また、自身の実家でもある浄土真宗本願寺派 海雲山 西性寺では、若院という立場で年忌法要等の法務に従事。

【タイムスケジュール】
開催時間 
18:30開場 ゆるゆるタイム 
19:00開始
20:50終了 

【主催】 浄土真宗本願寺派 清光山 西正寺(西正寺いろいろ研究会)

【定員】30名

【参加費】寄付・お賽銭制
※ 開催・運営費用のため、会場の寄付・募金箱にご協力をお願いします。

【URL】
 ・西正寺ホームページ http://saishoji.net/archives/767

 ・Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/526001415962244

 ・ピーティックス  https://peatix.com/event/3332272/view
 (申し込みはこちらをご覧ください)

【行事報告】「おきゃんだよ!お寺かみしばい」が行われました

こんにちは!西正寺のあまさきです。 

 先日4月24日(日)に、おきゃんさんによる紙芝居劇場が西正寺本堂で行われました。当日はあいにくの雨模様でしたが、合計で15人程度の方々にご参加いただきました。

 大阪の銭湯などで紙芝居の活動を展開されているおきゃんさん。彼女の手掛けるシュールなイラストと軽快な語り口のもと「朝ごはんをしっかり食べよう」、「給食を通して、食のありがたさを知ろう」といった大切なことを笑いと共に学べる内容が印象に残っています。

 他にも、誰もが知る有名な話が始まったかと思えば、まさかのオチが待ち構えているストーリーも用意されていて、45分間が一瞬に感じるような紙芝居でした。

 最後には、お寺での紙芝居ということで仏教にまつわる説話「嫁おどし肉付きの面」をモチーフにしたお話も披露していただきました。この説話は浄土真宗のご法義の篤い福井県吉崎から伝わっているもので、法話でもたびたび用いられています。(「嫁おどし肉付きの面」については、こちらも併せてご覧ください/YouTube「あわら市公式チャンネル(あ!わらってネット)」へリンク) 

 お面が取れないというちょっと怖い内容ですが、おきゃんさんの演技力によって面白いお話に仕立てられていました。しかし、よもや紙芝居を通して「南無阿弥陀仏」が本堂に響き渡るとは。仏教の伝え方はさまざまですね。

 最後に中平住職と記念撮影。ちなみに、おきゃんさんが手にされているのは拍子木(ひょうしぎ)と呼ばれる、芝居の冒頭や合間にカンカンと叩く木の音具だそうです。

 一方、住職は節柝(せったく)と呼ばれる、主に読経の際 リズムを取るために用いられる音具を持っています。同じ音具ではありますが、かたや紙芝居、かたや読経とその用途が大きく異なっているのが興味深いですね。

 おきゃんさんは、今後も大阪を中心に紙芝居のご活動を続けられるそうです。ネタバレをしてはいけませんので、一部しかご紹介できないのが大変惜しいところですが、ご興味のある方はぜひおきゃんさんの紙芝居を見てみてくださいね。    

 そして、西正寺でも続編が……?どうぞお楽しみにお待ちいただければと思います。

おきゃんさんについて 

老若男女に愛される紙芝居界のアイドル。 
2児の母。 
好きなもの:カンフー映画/音楽
趣味:町歩き/育児絵日記 

https://madosya.com/free/cast

おきゃんさんの情報についてはこちらもご覧ください。
社会の窓社

【中止】【行事案内】布教実習法座(浄土真宗本願寺派布教使課程)の開催について

ご案内のこの行事は「緊急事態宣言」の発令によって、主催者(本願寺)より連絡があり、中止することとなりました。
  ご予定いただいていたみなさまには、誠に申し訳ありません。
  御理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

 浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、「布教使課程(全寮制コース)」というものがあります。こちらでは、布教使になるための資格を得るために、全国から僧侶が合計100日間の全寮制の合宿研修に参加し、講義や法話の実演、実習等の研鑽を重ねています。(今年度は、コロナ対策のため、前期期間はオンラインで実施されています)
 その研修の一環として、「布教実習」が行われています。西正寺では、住職が当研修に専任講師として出講していることもありまして、実習をお引き受けすることとなりました。

 本願寺派の布教使をめざす僧侶の教えを伝えようとする「法話」を聞いていただき、ぜひ感想や、気づきを教えていただけませんでしょうか。

 参加費は不要。
 初めてお寺に来られる方、西正寺にお越しになる方も歓迎です。
(このイベントページの「参加する」を押していただけますとありがたいです)
 どうぞよろしくお願いします。

【日時】
 2021年8月25日(土) 14:00開始
【会場】
 浄土真宗本願寺派清光山西正寺本堂
  尼崎市上坂部3丁目36-8
【もちもの】
 ※ お寺でもお貸ししていますので、お持ちでなければ手ぶらでおこしくださいませ。
  ・お念珠(数珠)
  ・聖典(勤行用)
  ・門徒式章(お持ちの方のみ)
  ・仏さまに向き合う心


【内容】
  勤行(讃仏偈) 
  法話(1)実習生:岡藤こころ (15分)
  法話(2)実習生:古賀唯香 (15分)
  (休憩)
  講師法話 中平了悟(西正寺住職)
  (30分ほど)
  法座終了・休憩
  振り返り、反省会 
   ※実習生の法話について、感想をいただきたく思います。
 御都合のつきます方は、ご参加ください。

カリー寺基金最終プレゼン大会(ファイナル)進出者について

厳正な審査の結果、カリー寺基金最終プレゼン大会(ファイナル)進出の企画が以下の6つの企画に決まりました。

 4月25日(土)の、公開のプレゼン大会にて、大賞・特別賞などが決定いたします。どうぞよろしくおねがいいたします。

●最終プレゼン大会進出企画(順不同)

・【写真と言葉のフォトブック】プロジェクト (景山幸信)

・発達障がいを持つ青少年のクラブ活動 (特定非営利活動法人アスロン 井原一久)

・chichi cafeプロジェクト (chichi cafeプロジェクト)

・あんたのオムツ私がかえたったんやで100人化計画(清田仁之)

・まごころSHOP (株式会社コーディアル 福田惇)

・コミュニティスペースhinata U25企画(NPO法人サニーサイド/コミュニティスペースhinata 前口あかね)

「お寺でSDGs―カードゲームから考える、わたしたちのこれから―」が開催されました。

2020年1月31日(金)19:00から、西正寺本堂にて、「お寺でSDGs―カードゲームから考える、わたしたちのこれから―」が開催されました。

 これは住職の友人で「みんなのサマーセミナー実行委員会」でも一緒に活動をしている、吉川晶子さんと丸川正吾さんが主催してくれてものです。

おふたりは、「SDGs de 地方創生」(
https://sdgslocal.jp/ )の公認ファシリテーターを取得されていて、今回の企画を開催してくれました。

 最初に アイスブレイク、SDGsについての基本的な解説・説明、それからゲームをプレイするための説明をかーどの配布と合わせて行って、実際のゲームスタートです。

 設定は、中山間地域にあるある自治体の行政職員、住民となってそれぞれのミッションを達成するべく、またその自治体の課題解決や、発展を目的に、12年(12分〈=3年〉×4セット)をプレイする、というものでした。

 会場を所狭しと、みんな楽しく、それぞれのプロジェクトやミッションを達成するために、動き回ったり、呼びかけまわったり、交渉をしたり。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)

最終的な結果が、以下の通りでした。

写真の説明はありません。

 こんなにも見事な発展を遂げるケースなんて、ないんじゃないか!?と、ファシリ―テーター、経験者が声を上げるほど、われわれの「某・中山間地域の自治体」は見事な発展を遂げて、2030年を迎えることができたようです。

 人口も倍ちかく増え、暮らしや経済は3倍くらい好転、環境も倍以上に好転。
 人口減少社会なので、人口が減っていったり、それとともに経済や暮らしも低減していって「消滅可能性自治体」をまざまざと感じるケースもあるなか、非常にすばらしい街づくりが行われたようでした。

 尼崎の地域のみなさんのチームワークや、自治力の高さを存分に発揮できたようです。
 ゲームのあとは、主催者お二人の進行で、参加したみなさんと濃密な振り返りが行われました。

写真の説明はありません。


 何人もの行政職員(尼崎市役所)の方が参加されていて、「役所にいくことのしんどさ(否定されたりしたらどうしよう、意味が認められなかったら…)といったハードルを感じましたとか、「行政職員がどんなミッションを抱えているか、どのような仕事をしているかなんて、見えてなかったんですね」といった、普段のお仕事の立場とは逆の立場がゲームによって体感されたり、「あんなに叫んでいるのに、こちらの声ってとどかないんですね」という感想があったり、かなり現実にリンクする気づきや、感想がでてきていました。

 プレイ中に面白いな!と感じたポイントを挙げておきますと、

 ・序盤にIT経営で成功したプレイヤー(IT長者になった!)が、資産をみんなのためにふるまうケースがあって、優良な資産家が町を豊かにした!という事態が発生したこと

 ・「ばらばらにするより、みんなで資産もカードも一緒にしましょう!」という、共産主義・社会主義的な傾向を感じさせるアイデアも出てきて、思想的なまなびとしても、大変興味深い事態が起きそうだったこと。

 等でした。

終了後は、お寺のお座敷で、懇親を深めながら、ゲームの振り返りが夜遅くまで楽しく続けられました。
 参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 追伸:主催の吉川さん、丸川さんから 住職が進めている「カリー寺基金」の取り組みにご寄付をいただきました。ここに記して御礼申し上げます。ありがとうございます。

2019年「西正寺で今年一年振り返りつつ、これまでとこれからのハナシをする会。(交流会)」ご案内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内

【これなに?】:::::::::::::::::::
今年もやります。4回目です。
2018年(第三回):https://www.facebook.com/events/275116783124670/
2017年(第二回):https://www.facebook.com/events/112121476226625/
2016年(第一回):https://www.facebook.com/events/1186462468097027/

今年も、西正寺とその近隣では、いろんなことが起こりました。西正寺では地域に開いた行事として、「西正寺寄席」、「テラからはじまるこれからのハナシ。」「カリー寺」を実施しました。 さらに、今年は3月に大江戸ブギウギ、4月には「ふるまい市」あれこれたくさんありました。 そこで、今年1年に西正寺であったこと、尼崎であったことを振り返りつつ、みなさんと交流・語らいをする場を持てたらと思っています。食べ、飲み、語らう中で、あらたな交流や、これからの気づきが生まれればとも思います。

今年ご縁のあったみなさんと、そしてちょっと関心があるぞ、というこれからの方も、関心があって、お時間がゆるせば、足を運んでいただけたらと思います。参加申し込み方法は、このページの下部にありますので、ご参照ください。
◆日時:2019(令和元年)年12月21日(土) 18:00~21:30
(入退出は自由です)

◆会費(1部・2部で、それぞれ設定します)
1部:お布施寄付
(任意の額を会場の参加費箱に入れて下さい。
参加費無しでも参加は可能です)

2部:参加費 2000円(学生1000円)+差し入れ歓迎

◆内容
【第一部】18:00~
第一部は、毎年尼崎での取り組みや、地域をテーマにしたセッションを設定しています。今年の内容は…

トークセッション:「カリー寺基金!ローカル応援プログラム」

話し手:藤本遼 (株式会社ここにある代表取締役/場を編む人)
聞き手:中平了悟 (西正寺住職)

・藤本遼さん プロフィール
藤本 遼(ふじもと りょう)株式会社ここにある代表取締役/場を編む人
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。「株式会社ここにある」代表取締役。「尼崎ENGAWA化計画」発起人。余白をデザインすることと、あいだを編むのが仕事。現在は、イベント・地域プロジェクトの企画運営・立ち上げ支援、会議やワークショップのファシリテーション、協働・まちづくりに関する研修・講演など、主に場づくりやまちづくり、公共空間の活用に関する仕事・活動を行う。代表的なプロジェクトは「ミーツ・ザ・福祉」「カリー寺」「生き方見本市」など。最近では、沿線周辺のエリアブランディングの支援や調剤薬局におけるコミュニティづくり支援、徳島県上勝町のスギ材を活用したつみきづくりなども行う。

【第二部】交流会(忘年会)(第一部終了後~)
飲食しながら交流します。
(持ちより、差し入れ歓迎)

■ドリンク
・アルコール類(缶ビール、酎ハイ、日本酒)
・ソフトドリンク
・お茶

■食べ物
調整中
18:30頃~21:30 交流会・忘年会
(第二部は、時間内出入り自由)

◆会場:浄土真宗本願寺派 清光山西正寺
尼崎市上坂部3丁目36-8

◆対象
西正寺の活動にかかわってくださっているみなさん
地域で、西正寺のお坊さんと交流を持って下さっているみなさん
西正寺や、尼崎という地域に関心のあるみなさん
他、この会に来たい人。

◆定員 最大40名

◆◆参加申し込み方法◆◆
以下のいずれかの方法で申し込んでください。

1) 以下のフォームに必要事項を入力する。締め切り12月15日
https://forms.gle/1E7Dxscz1g18d89R8

2)メールその他、直接申し込む。
メール:info@saishoji.net (西正寺・中平)

問い合わせ先
メール info@saishoji.net

【台風の接近のため、中止します】10月12日はすの会

【10月12日はすの会 中止のお知らせ】

明日10月12日(土)ははすの会の開催を予定しておりましたが、台風接近が予想されております。つきましては、安全のため、明日の開催は中止とさせていただくことといたしました。

なにとぞご理解よろしくお願いいたします。また来月、11月23日に開催が予定されております。来月以降もまたどうぞよろしくおねがいいたします。

大変大きな、「猛烈な勢いの台風」が接近しております。どうぞ、お気をつけてお過ごしくださいませ。

「みんなの尼崎大学まちじゅう学祭」に参加します

住職です。10月3日(木)に、11月に開催される「まちじゅう学祭2019」の主催者説明会があり、参加してきました。

2018年に市内のさまざまな場所をキャンパスに見たてて開催された「みんなの尼崎大学・まちじゅう学祭」が今年も開催されます。開催は、11月15日・16日・17日の三日間ですが、西正寺は最終日の11月17日(日)に以下の二つの行事を実施します。

尼崎の街をめぐったり、しらなかった施設やお店を巡るいい機会だと思います。

ぜひぜひ、この機会に尼崎に、そしてよかったら西正寺にも足を運んでみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2019年11月17日(日)朝7:00~9:00頃 ・おてらのそうじ(まちじゅう学祭ver.)
主催:おてらのそうじ・浄土真宗本願寺派清光山西正寺
内容:月に一度早起きして、お寺を掃除し、朝ご飯を食べています。今回は「まちじゅう学祭」特別バージョンとして、お経のあと住職さんが仏教のお話をしてくれます。日曜日の朝、お寺からはじめる一日はいかがですか?

もちもの:特になし。可能な方は、「ぞうきん」(自分用)、ごはんのおとも(おかず)
参加費:おさい銭・お布施(参加費なしでも参加できます)

 

 

 

 

 

■2019年11月17日(日)13:00~15:00 大江戸ブギウギまちじゅう学祭ver.@西正寺
主催:大江戸ブギウギ実行委員会、浄土真宗本願寺派清光山西正寺
内容:お寺で「着物の着付け」&「参拝・読経」体験。服の上から簡単にできる着物の着付をします。読経、住職の法話。その後は、住職とキモノ染色家のクロストーク、お茶会という2時間の和文化ミニツアーです。

もちもの:特になし。あれば「念珠」(数珠)
参加費:おさい銭・お布施(なしでも参加可能です)

定員:20名
問い合わせ・お申し込み先: info@saishoji.net 西正寺・中平

 

 

 

 

 

 

 

[リンク]

■フェイスブックページ みんなの尼崎大学 まちじゅう学祭2019
https://www.facebook.com/まちじゅう学祭2019-110669686970353

■尼崎市 みんなの尼崎大学まちじゅう学祭
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kurashi/siminsanka/1001859/1013018.html

 

 

 

 

 

 

 

190810_おてらのそうじ(8)

住職です。
本日8月10日。「おてらのそうじ」の8回目が開催されました。
定期的に有志の方が、「おてらを掃除したい!」と集まって、朝から掃除をしてくださる大変ありがたい会です。

7:00集合、重誓偈をおつとめして、
体操、自己紹介、掃除、朝食 9:00頃散会となりました。

本日の参加者は6名。内2名は、初めての参加。
三田や甲子園からわざわざ駆けつけて下さった方もいらっしゃいました。

カリー寺で使わせていただいた本堂の外陣と縁側を丁寧に掃除していただきました。ありがとうございます!!

次回は、9月21日。お彼岸のど真ん中でおそうじをする予定です。」

【開催報告】2019年7月28日(日) カリー寺

2019年7月28日(日)11:00~16:30

カリー寺2019(http://currytemple.com/)を開催しました。当日は、730人の方にカレーを楽しんでいただきました。
当日は、西正寺の境内には8店舗のカレーブースが出店し、本堂ではパフォーマンスやトークのプログラムが行われました。
また、ツムグバというコミュニティスペースを第二会場として、そこでは トーク、ワークショップの他に、野菜、アクセサリー、コーヒー、お酒とアテ、お米などの出店がありました。

 

西正寺の外でも、
・ポノポノプレイスさん(尼崎市上坂部3-21-1)、
・山田茶園さん(尼崎市上坂部3-3-11)、
・standbar deewhyさん(尼崎市上坂部3-3-11)、
・コープこうべ尼崎近松さん(尼崎市上坂部3-11-1)、
・ ingenious creative kitchenさん(尼崎市久々知1-5-3)、
がそれぞれコラボ企画を展開してくださり、盛り上げて下さいました。

参加者として来場して下さったみなさん、コラボ企画でご一緒してくださったみなさん、
チラシをおかせてくださったり等広報でご協力くださったみなさん、前日・当日と手伝って下さったボランティアのみなさん、
カレー出店者、出演者、第二会場の出店者、出演者のみなさん、
さまざまにご協力くださった御門徒や地域のみなさん、
そして、ここ1年近くの間、定期的にミーティングや準備を続けて一緒に当日を迎えて下さったカリー寺メンバーのみなさん
おかげさまで、一緒に楽しい一日が過ごせました。本当にありがとうございました。

住職もブログで書いていますので、よかったらご覧くださいませ

https://ryogo1977.blogspot.com/2019/08/190728.html